制作について

人と人との心理的距離感、物質的距離感をテーマに制作を続けています。

 

日本画材料を製品化する事の経済的、人材的な厳しさの中、今現在伝統的な日本画が描けること。

油彩画材料は皆が使いやすいように改良を重ねられ、発色の美しさ、耐光性などの追求を経て今の製品になったこと。

日頃の制作に欠かせない材料を研究して、製品化して店頭販売まで実現して下さることの有難さ。

多くの方々が歴史の中で、知識と知恵を積み重ねた結果、今の紙一枚、色材の一色があると思うと、全てが尊いです。

 

多くの方々が作って下さった製品で、

今を生きている画家として表現をして、

同じ時代に生きている人と、

この「美しい世界」で生きていることを共有したい。

 

「曖昧の極み」を表現することは、

曖昧さを受け入れること、

わからないことをわからないままにしていきること、

白黒つけるのではなく、灰色もあると理解すること、

このようなことに繋がっていき、

ゆくゆくは個性理解、他者尊重、協力的な世界の創造へと

繋がっていくと信じています。

 

高光香代子